スポンサーリンク

AnDropでAndroidとMacを連携して写真をコピーする方法!

アイキャッチ Mac

こんにちは。mta[@akikana99]です。

俺は現在、MacとiPadとAndroidスマホを使っている。

そして、MacとiPad間ではAirDropという素晴らしい連携機能が使える。

あなたもご存知だと思うけど一応簡単に説明すると、ケーブルやUSBメモリ等を使わなくても、無線で簡単にファイルをやり取りできる機能だ。

簡単すぎて、セキュリティをちゃんと考えていないと、電車の中等で他人のiPhoneにわいせつな画像などを勝手に送り付けるAirDrop痴漢が最近問題になっているが、それはまた別の話。

とにかくApple製の機器間では簡単にファイルをやり取りできて本当に便利なのだが、もちろんAndroid機器ではAirDropは使えない。

仕方がないのでAndroidスマホで写した写真などは、USBケーブルでMacにつないでコピーして利用していたのだが、AirDropに慣れてしまうと本当に面倒くさく感じてしまう。

そこで何か良い方法はないかとネットで情報を集めていたら、とても良いアプリ発見!

そのアプリの名は「AnDrop」!

このアプリを使えばAndroid機器からMacへ簡単にファイルを送ることが出来ます!

スポンサーリンク

AnDropのインストール方法

AnDropはAndroidスマホとMacの両方にインストールする必要があります。

手順1

GooglePlayからAndroidスマホに【Androp】をインストールする。

GooglePlay

手順2

MacアプリのApp Storeで【AnDrop】を検索してインストールする。(ネットで検索すると、バンドのandropばかりが出てくる(苦笑)

App Store

手順3(任意)

システム環境設定→ユーザとグループを開き、ログイン項目タブをクリック。

+ボタンをクリックして起動したFinderでアプリケーションフォルダを開き、AnDrop.appを選択して、ログイン項目に追加する。

ユーザとグループ

AnDropを利用する時だけMacのアプリを起動しても良いのですが、俺はいつでもすぐに使える様にログイン時にAnDropを起動させる設定にしています。

以上でAnDropを利用する準備が整いました。

AnDropの使い方

それでは早速AnDropの使い方を解説していきます。

今回は俺のAndroidスマホに入っていた猫ちゃんの写真をMacにコピーしてみます。

① ギャラリーからコピーしたい画像を選択。もちろん、複数枚選択することも可能です。

② 移管した画面で共有をタップする。

共有をタップ

③ 次にAnDropをタップする。

AnDropをタップ

④ Share file toの下にMacのコンピュータ名が表示されるので、それをタップする。

Macの名前をタップ

⑤ MacのステータスメニューのAnDropのアイコンからアラートが出るので、Acceptをクリックする。

Acceptをクリック

⑥ Macのダウンロードフォルダに画像がコピーされます。

ダウンロードフォルダにコピーされる

注意点とおすすめの設定

当然ですが、AnDropでファイルをコピーする為には、Mac側のAnDropも起動しておく必要があります。

もちろん、コピーする時に毎回アプリを立ち上げてもいいのですが、立上げ忘れてコピー出来ないとイラつきますよね?

そこで、Macの起動時にAnDropも立ち上げておく事をおすすめします。

設定は簡単で、アップルメニューからシステム環境設定を立ち上げ、ユーザとグループを選択し、ログイン項目タブを開いて+ボタンよりAnDropを追加するだけです。

これでMacの起動時にAnDropも自動で立ち上がるので、AndroidからMacにいつでもファイルをコピー出来ます。

ログイン項目にAnDropを追加

まとめ

アップル製品同士の連携は本当に素晴らしく便利なので、それに慣れてしまった俺は、Androidと連携できない事が本当に不便に感じられた。

でも、このAnDropを見つけた事により、一番の懸案だったAndroidスマホで写した写真のMacへのコピーが簡単に出来るようになった。

Windows時代も含めて今までは、スマホとパソコンをUSBケーブルで繋いでファイルをコピーしていたから、それが面倒で滅多にコピーしていませんでした。

でもこれからは、AnDropを使って気軽に写真をコピーしてMacで使うことが出来る。

アプリの開発者の方に感謝です。

それではまた、お目にかかろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました